アイドル芸能まとめ

グラビアアイドルや人気のアイドル、話題の芸能人の情報をまとめていきます^^ Twitterでも随時ツイートしてますのでよかったらフォローお願いします。



    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/07(日) 12:26:21.09 ID:b5egCca49.net

    フリーアナウンサーの田中みな実(32)が7日、TBS系「サンデー・ジャポン」(日曜・前9時54分)にVTR出演。
    TBS時代の先輩で、現在はフリーの青木裕子アナウンサー(34)と過去に生じた確執を暴露した。

    番組では、5日に放送された同局の「爆報!THEフライデー」の未公開映像として、サンジャポ歴代アシスタントたちと爆笑問題のトークが放送された。

    田中と青木は「サンジャポ」での共演も多かったが、太田光(53)は「青木が田中と全然合わなくて、バッチバッチなんだよ」と当時の2人の不仲ぶりを暴露。
    「田中がスタジオに来るって言ったら青木が『来ない』って言い出して、それを俺が仲裁して…」と明かした。

    田中は「青木さんがメイクルームで一切顔を合わせてくれない。目も合わせてくれなかった」と振り返ると、青木も「ほんとに嫌だった」とぶっちゃけ発言
    。仲直りのきっかけについて問われると「1回キスしたよね?」(青木)と謎のエピソードを明かし、太田から「なんだよそれ」とツッコまれていた。

    現場に居合わせた山本里菜アナウンサー(24)は「緊張の現場だった。
    でも先輩方の話を聞いていると、みなさん同じようなことで悩んでいらっしゃったのでちょっと安心しました」と率直な感想を述べていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16279570/
    2019年4月7日 12時8分 スポニチアネックス


    【田中みな実と青木裕子、過去に確執…「一切顔を合わせてくれなかった」「ほんとに嫌だった」】の続きを読む



    (出典 newtopics-lab.com)



    1 ひかり ★ :2019/04/06(土) 21:43:16.23 ID:M5PHXtiU9.net

     4月4日、元乃木坂46のメンバー・大和里菜(24)がインスタグラムにアップした写真が波紋を呼んでいる。大和のおなかは大きく膨らみ、
    妊娠を公表する形となったからだ。

     お腹の子の父親と言われているのが、女優・三田佳子(77)の次男・高橋祐也(39)だ。昨年9月、覚醒剤取締法違反(使用)で4度目の
    薬物逮捕となった高橋は、大和と2年以上にわたって愛人関係にある。高額所得者として名を馳せた大女優・三田佳子の金銭的援助を大いに
    受けてきた高橋は、大和に少なくとも1000万円以上を貢ぎ、母親にも大和を紹介済みであるのは「週刊文春デジタル」既報の通りである。

     現在、高橋は執行猶予中の身だ。昨年12月13日、判決公判が東京地裁で開かれ、懲役2年6月(保護観察付き執行猶予5年)の有罪判決が言い渡された。
     
     高橋は妻子持ちだが、最近になってツイッターで大和との“電撃再婚”を報告した。

    〈前科三犯前歴一犯の依存症のデブのハゲた金もない施設にいる糖尿病おやじと里菜さん。一週間後正式に結婚することになりますが。
    直ぐ離婚しないでね〉(2月21日、高橋本人のツイッターより)

     今年に入って連絡を取ったという知人が話す。

    「そのときは里菜さんと祐也くんは『籍を入れない』と話していました。祐也くんがツイッターで“再婚報告”をしたのも、正直本当なのか疑わしい。
    ただ、里菜さんの意志は固いようで、『お腹の子供は産むんだ』と周囲に話しているそうです」

     取材班は大和の父親のもとをたずねた。父親は本人から出産についての強い意志を聞いているが、「賛成はできない。それが本音です」と話した。

    「私たちが娘に言っているのは、『今回は子供を諦めなさい』ということです。それが聞けないのであれば、もう実家に戻って来ることはできない、
    実家で子供を産むことはない、と本人には伝えています」(大和の父親)

    「 週刊文春デジタル 」では、辛い心中を吐露した大和の父親の証言や、知人らによる2人の近況などについて、 オリジナル記事 で詳報している。

    「週刊文春」編集部/週刊文春

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190406-00011404-bunshun-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【元乃木坂・大和里菜が三田佳子次男の子供を妊娠!父親は「賛成できない」】の続きを読む



    (出典 img.sirabee.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/06(土) 12:22:21.02 ID:WK8u/EjB9.net

    4月1日深夜、バラエティー番組『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)が、レギュラー放送復帰の初回を迎えた。
    記念すべき再スタート初回のゲストには『安田大サーカス』のクロちゃんが出演したのだが、その口達者ぶりに視聴者は舌を巻いたようだ。

    20歳から現在まで毎月、親の仕送りをもらっているというクロちゃんは、「甘い汁だけを吸って楽して生きていたい〝甘汁モンスター〟」として自身の半生を回顧。
    中学時代は勉強をしたくなかったため、「内申点で高校に行こうとして生徒会長になった」と生徒役の出演者たちに明*と、ここで真野恵里菜から「絶対そんな学校嫌だ…」
    「私は副会長だったんですけど、当時クロちゃんが会長だったらと思うと嫌です」と厳しい意見が出た。

    すると、クロちゃんはすかさず「上の人ができると、下の自分ができないのがバレちゃうからね」と言い返し、生徒一同は爆笑。
    真野が真顔で冷たい視線を送ると、今度は「目が合ってるけど心は全然合わない感じですね」と間髪入れず〝口撃〟していった。

    「甘汁が吸いたくてアイドルになってんでしょ?」
    続いて、クロちゃんは『乃木坂46』の高山一実をターゲットにし、「乃木坂といえば『AKB48』の後にできたから、何か甘汁が吸えると思って入ったはず」
    「チヤホヤされたいんでしょ? じゃなかったら入らなくていいじゃん?」とチクリ。高山は「アイドルになって『全部幸せ』じゃなくて大変なこともあった」
    「それをみんなで乗り越えた先に光が待ってた」と反論したが、「もともと誰も見てないような、どの運営か分からないような所には入らなかったじゃないですか」
    「それは甘汁を吸おうと思って入ったんですよ!」との返しにぐう音も出ず、見事クロちゃんに〝論破〟されてしまった。

    あまりの〝クロちゃん無双〟に、『平成ノブシコブシ』の吉村崇は「討論強いなオイ…」と感心。ネット上にも、

    《無意味なディベート力》
    《ムダな口ゲンカの強さが狂気をさらに掻き立ててる》
    《頭の回転の速さがすげぇ》
    《腹立つけど面白いしロジカル過ぎるwww》

    などと同様の感想が続出していた。

    一方で、天下の『乃木坂』をディスったことには、

    《甘汁吸おうとしてかずみんが乃木坂に入ったって言った瞬間俺マジギレしてる》
    《乃木坂の苦労も知らずに偉そうに。クロちゃんは本物の地獄を見せてしゃべれなくしてやりたい》
    《クロちゃんくっそウザ! 本当に腹立つ。人の努力を平然とつぶすのまじでやめろ》

    などと怒りの声も。

    確かに、無名な運営に比べてかなり恵まれた環境にある「AKB」系や「坂道」系グループのメンバーたち。
    しかし、AKBGは『NGT48』の不祥事により、実はトンデモない運営だったと明らかになってしまった。坂道の運営がまともであることを祈りたい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1762456/
    2019.04.06 10:31 まいじつ


    【クロちゃんが『乃木坂46』をディスってファンがブチ切れ!】の続きを読む
    メッセージ

    名前
    本文
    livedoor 天気

    このページのトップヘ